HOME  ■ LINK  ■ SITEMAP
春色チューリップ
HOME > チューリップの品種 > 早生種

早生種

早生種のチューリップは、早い時期に花を咲かせるため、様々な品種の中でも特に人気があります!早生種は、「一重早咲き」と「八重早咲き」に分けられていて、それぞれに異なった特徴を持っています。また、早生種はさらに細かく分類される品種があるといわれています。

早生種とは?

早生種のチューリップは、品種によってズレはあるものの、だいたいは3月下旬から4月上旬にかけて咲きます。草丈が低く、花壇や鉢植えなどに適している品種が多いです。一般的に草丈は20〜30cmになります。

冒頭でも触れたように、早生種には「一重早咲き」と「八重早咲き」があります。各特徴については、次の項目をご覧になってください。

一重早咲きの品種

一重早咲きのチューリップは、花びらの先がとがっています。草丈は20〜30cm、花の形はカップ状です。花のサイズは比較的小さなものが多いですね。混植するなら、パンジーがおすすめです!

アプリコット・ビューティー

何とも言えない美しい色をしています。優しい色合いに人気が集中!淡いピンクからアプリコット色に変わっていく過程を楽しんでください♪

小さめのものが多い品種の中では、日の光を浴びて元気に開くと結構なボリュームになります。

インゼル

つぼみも小ぶりで卵形…かわいいつぼみの印象そのままに成長します。

本当に整った形で、そのアイボリーに近いシロからはピュアで、温かな印象が伝わってきます!

クリスマス・マーベル

このタイプの切花は、クリスマス時期から楽しむことができます♪早咲きで、根強い人気を誇っています。

色は赤みがかったピンクで、プレゼント用としても最適ではないでしょうか。

八重早咲きの品種

アバ

モンテカルロ

八重咲きのチューリップで何枚もの花びらが重なって咲くため、ふんわりとしたボリュームがあります。

1本の花茎にいくつかの花をつけます。花に香りがあるのも特徴の一つと言えるでしょう。

アバ

鮮やかな赤い色をしています。咲ききって大きく開くと、真ん中の黄色い部分が一際目立ちますね!

八重咲きで、しかも濃い赤なので、少し重厚な印象を受けるかもしれません。雨や風にもよく耐え、丈夫な品種です。

ピーチブロッサム

チューリップなのに、なぜピーチ?と思う人もいるでしょう。

名前は花の色に由来しているのでしょうね。

白とピンクのミックス(?)が、とてもきれいです♪


人気の品種

ここで、特に人気の高い品種をいくつか見ていきましょう。どれも個性的で、キレイなチューリップです!

ブルー・ダイヤモンド

八重咲きのチューリップで、シックな紫色を好む人も多いでしょう。

つぼみのときは、紫にグリーンが混ざって、より深みを増した色合いになります。草丈は30〜45cmで、寄せ植えにも花壇にも適しています。

クリスマス・ドリーム

一重早咲きで「クリスマス・マーベル」の枝変わりです。草丈は約20〜25cmで、可憐な女性を思わせる優しいピンク色に人気が集まっています。

促成栽培して、クリスマスに合わせて咲かせるんですよ。

スクノード

八重早咲きのチューリップで、草丈は20cmまでと低いのが特徴的です。

気品漂う白さが魅力的ですね。サイズが小さいため、鉢植えなどに向いています。混植すると、とても映えるので、ぜひほしい品種の一つと言えるでしょう。

▲ このページの上にもどる