HOME  ■ LINK  ■ SITEMAP
春色チューリップ
HOME > チューリップの品種 > 中生種

中生種

中生種はカラフルな品種が多く、ガーデンチューリップとして常に注目されています。この中生種には2種類あり、大きく「トライアンフ」と「ダーウィンハイブリッド」に分けられます。数多くの品種の中から、お気に入りが見つかる場合もあります。

中生種とは?

中生種のチューリップの多くは、4月下旬頃に花を咲かせます。カラーバリエーションが豊富で、お庭などに植えるチューリップのほとんどが、この中生種だと言っていいでしょう。

中生種は「トライアンフ」と「ダーウィンハイブリッド」に分けられます。どちらも種類の多さが特徴的で、選ぶのが楽しくなりますよ!正統派チューリップと、新種チューリップの違いを楽しむのもいいかもしれませんね。

一重早咲きの品種

トライアンフは、一重早咲きと一重遅咲き品種を交配して作られました。4月下旬に花が咲き、草丈は40〜50cmと比較的高いのが一般的です。カップ咲きで様々な品種がありますが、全体的にはどっしりとして丸みを帯びた花形や、筒状にまとまった花形をしているので、理想的な正統派のチューリップと言えますね。

茎、葉と花のバランスがいいため、切花にも適しています。花壇に遅咲き系と混植すると長く楽しめますよ♪

ネグリタ

ツヤのある赤紫色をしています。咲ききると結構大きく開き、ボリュームたっぷりに見えます。

大人な雰囲気をかもし出しているので、派手な色合いが苦手な人にもおすすめのチューリップです。

キースネリス

赤と黄色のコンビーネーションが抜群!濃い目の赤に黄色の縁取りが入る、華やかな見た目のチューリップです。

広い花壇などに植えると、とてもよく映えます!公園などでも見かけますね。

ホワイトドリーム

その名の通り、白いチューリップです。ふっくらとした卵のような可愛らしい花形をしています♪吸い込まれそうな白さが目を引きます!

白のムスカリやビオラとともに、ホワイトガーデンを作ってもきれいですよ〜。

ダーウィンハイブリッドの品種

一重遅咲きと原種(主にフォステリアナ)を交配して作られた、比較的新しい品種です。一重遅咲き品種の草丈と茎、葉の強さに、原種の早咲き性と花色の鮮やかさを組み合わせたものになります。まさに、いいとこ取りのチューリップと言えるでしょう!

4月中旬から下旬にかけて花が咲き、草丈は60〜70cmほどです。花が大きいため、かなり見応えがありますよ!

ピンク・インプレッション

チューリップの定番とも言える、柔らかなピンク色をしています。

チューリップらしい飽きのこない形が、長く親しまれている理由かもしれませんね。

アペルドーン

赤と黄色のコントラストが美しいチューリップです!つややかな輝きを放つ花に、魅了される人も多いことでしょう♪

混植せずに、この品種をたくさん植えるのもキレイですよ!ぜひ、試してみてくださいね。

ゴールデン・オックスフォード

目が覚めるような鮮やかな黄色が印象的です。花びらの縁に沿って細く赤いラインが入ります。

また、この品種はいい香りがするんですよ。いい香りを持つのは、なぜか黄色の品種に多いと言われています。

人気の品種

中生種のチューリップは人気の品種が多く、特に好評のものを絞り込むのは難しいですが、私の独断で選んでみました!

スウィーティー

淡いピンクとクリーム色(?)が特徴的なチューリップです。

日光に当たるとピンクの部分が透けて、とてもキレイなんですよ!

さわやかな透明感が支持されています♪

スプリング・ソング

定番の赤いチューリップです。

「スプリング・ソング」という名前にふさわしい弾んだ気分になれるような色をしていて、見る者に元気を与えてくれますよ!

桃太郎

濃いピンク色の花が、力強さを感じさせる品種です。花茎がしっかりしていて、花持ちがいいのも嬉しいですね♪

▲ このページの上にもどる